お金

FX口座は持っておくべき

目安時間 4分
  • コピーしました

日本人は日本円を絶対的な資産として考える傾向があるように感じます。

円を持っておけば生活する上で不自由することないですからね。

人によっては普通預金だけ!っていう人も多いかもしれません。

 

ですが、日本円だけを保有するって

長い目で見ると損してます。

金融関連の仕事の人はみんな知ってることですが

銀行の預金金利はインフレ率よりも高い利率にすることは絶対にありません。

物価が上昇するのに預金口座のお金は増えていかないので

相対的に損してしまいます。

 

なので富裕層は資産を分散していることがほとんどかと。

証券口座も持っておくべきだと思うんですが

証券会社選びはめちゃくちゃ大事なので別枠で書かせていただこうかと。

 

お金の価値は相対的に決まると考えてます。

日本円だけでなく外貨も持っておくことで

相対的に資産の価値を保全できるという考え方があります。

 

で、今回ご紹介するのはFXの口座開設です。

日本にいながら外貨を持てるわけですが

銀行の外貨預金と比べると手数料がはるかに安いんです。

 

海外の通貨は日本とは異なる金利ですので

その金利差で収益を上げることもできますし

レバレッジをかけることで売買益を倍増させることも可能です。

 

ただし、逆に損をすることもあり

レバレッジをかけた場合その損も倍増してしまうリスクはあります(^^;)

 

なので初めのうちは無理をせず

外国為替取引がどんなものかをじっくり学ぶことが大切です。

 

で、FX業者なんですが国内と国外それぞれ日本に居ながら使うことができるんですが

初心者にとって優しいのはどちらか?というと

海外FX業者です。

 

え!?って思ったかもしれませんが

リスクが高いのは国内業者なんです。

 

「追証」と言って、預け入れたお金以上の損失を負う可能性があり

借金のリスクがあるんです。

「FXにはロスカットという仕組みがあるから大丈夫!」という意見もありますが

そのロスカットが追い付かないケースというのがあるんですね。

以前は、数年に一度なんて言われてましたが

昨今ではわりと頻繁に起こり得る、と言われてたりします。

 

当ブログは手堅く生きる!をモットーにしていることもあり

手堅くFXを学ぶなら、まずは海外FXから始めるのが大事だと思うわけなんです。

詳しくはこちらのサイトで

 

 

海外FXで経験を積んだら国内FXを始めてみる、という順番がいいのではないかと思います。

 

レバレッジだけでみると海外では数百倍まで設定できるのに対して

国内FXでは最大25倍までとなっているので物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが

税務的には国内FXの方が有利なので、慣れてきて大きな金額を動かしたくなって来たら

国内FXも始めてみるのが良いかと思います。

 

業者はいろいろあるんですが初めてでしたらここが分かりやすいです⇒DMM FX

 

 

  • コピーしました

      お金 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

リンク集
最近の投稿
アーカイブ